HOME >  生命保険の選び方


保険代理店検索サイト 保険デザインドットコム 生命保険講座 1時間目:生命保険の基本形

生命保険講座

生命保険の基本形

皆さん!はじめまして、生命保険講座を担当させていただきます講師の「ピーちゃん」です。これから、生命保険について勉強していきましょう!それでは、生命保険の3つの基本型を勉強していきましょう!この時間は、生命保険の基本を勉強する基本になりますので、しっかり覚えていてくださいね!

死亡保障は大きく分けて3つの種類があります。その3つとは、定期保険・養老保険・終身保険です。
この3つの保険について簡単にご説明します。

定期保険

定期保険は呼んで字のごとく期間の定まった掛け捨ての保険です。
保険期間を定め、その期間死亡・または高度障害になった場合に保険金を受け取る事ができます。
満期を1日でもすぎると、保障はゼロとなりますので、掛け捨てといわれています。

定期保険 保険料払込み期間

例えば・・・30歳の方が60歳満了の定期保険3,000万円にご加入した場合、
60歳までに万が一の事があった場合は、保険金3,000万円は、遺族の方(保険金受取人)に支払われます。60歳を1日でも過ぎると定期保険は期間が定まっておりますので、3,000万円の保障は消えてなくなります。

では、60歳までに支払ってきた掛け金はどうなるのかといいますと、掛け捨てですので1円も戻ってきません。
「期間の定まった掛け捨ての保険」、これが定期保険です。

養老保険

保険期間を定め、その期間死亡・または高度障害になった場合に保険金を受け取ることができ、満期まで生存していた場合にも保険金額と同額の保険金が支払われる保険です。

つまり、保険期間中に万が一の事があった場合には、死亡保障として遺族に保険金が支払われ、満期時に生存していた場合には、満期保険金としてご本人に支払われるという保険です。
高金利の時代は、万が一の保障というよりは貯蓄目的でご加入されている方も多く見られました。

養老保険 保険料払込み期間

例えば・・・30歳の方が60歳満了の養老保険300万円にご加入した場合、60歳までに万が一の事があった場合、保険金額300万円は遺族の方に(死亡保険金受取人)支払われます。60歳(満期)を迎えると死亡保障300万円はなくなりますが、満期保険金300万円をご本人が受け取られてこの保険は終了します。
「期間の定まった貯蓄性のある保険」、これが養老保険です。

終身保険

終身保険は、上記の2つとは違い、期間の定めがなく、一生涯保障のある保険です。
ご加入いただいてから、万が一のことが会った場合は、80歳や90歳いくつになろうとも保障は続きます。
(解約・失効の場合は除きます)

保障は一生涯続きますが、保険料も一生支払わなければならないという事ではなく、一生支払うパターンも勿論選択できますが、あらかじめ払込期間を決めておくことも可能です。払込期間が終了する前も終了した後も保障は一生続く。というのが終身保険です。

終身保険 保険料払込み期間

例えば・・・30歳の方が保険料60歳払込終了の終身保険300万円にご加入した場合。ご加入いただいてから万が一の事があった場合、一生涯の保障で死亡保険金300万円は、ご遺族の方に支払われます。

保険料は60歳まで支払いしていただきますが、保険料の支払いが終了した後は保険料の支払いがなくても300万円の保障は一生涯続きます。貯まった解約返戻金を範囲内で貸付することもでき、老後、年金に移行するタイプの保険もあります。
「期間の定めがない、貯蓄性のある保険」、これが終身保険です。

この3つの保険を組み合わせて各保険会社が独自商品として販売されているわけです。
ここからが要チェック!!
基本形の組みあわせは、大きく分けて2パターンあります。

定期付き養老保険(定期保険と養老保険のセット)

定期付き養老保険(定期保険と養老保険のセット)

定期付き終身保険(定期保険と終身保険のセット)

定期付き養老保険(定期保険と終身保険のセット)

1.定期付き養老保険(定期保険と養老保険のセット)の定期付き養老保険は、両方とも期間の定まった保険ですので、例えば60歳満期だと、60歳で全ての保険が終了しますので、満期の年齢によりますが、現在の高齢化には対応できない可能性があります。

2.定期付き養老保険(定期保険と終身保険のセット)の定期付き終身保険は、一般的に良く売られている保険ですが、
ここが注意して確認していただきたい所です。近年、雑誌・テレビ等で「保険の見直し」と言われている訳がわかると思います。

この保険をわかりやすく説明すると・・・

例えば、60歳満了で終身保険300万円・定期保険3,000万円がセットされているとします。60歳までに万が一の事があった場合は、終身保険300万円+定期保険3,000万円で3,300万円遺族の方に支払われます。

ですが、定期保険の満期を過ぎると、定期保険の保障額、3,000万円はなくなりますので、60歳以降の死亡保障は終身保険の300万円のみとなります。高額だった保障額が定期の満期日以降極端に低くなってしまいます

保険についてご注意いただきたいポイント!!

主契約が終身保険なので、定期部分3,000万円も一生涯保障されると誤解されている方がまだまだ非常に多いんです。今までたくさんの保険料を支払ってきたのに、一生涯あるのは、終身部分の300万円しか残っていない!!!  

また、定期保険は10年~15年で更新型が一般的でしたので、その際の保険料は1.5倍から2倍アップするといわれています。(更新時に新規で保険にご加入された場合と同じ金額になるため)これでは、掛け捨て部分にかなり大金を使い、貯蓄部分にはあまり金額を回せていなかった事になりますよね。これが現状なんです・・・。

2時間目に勉強しましょう

更新型の保険についてはこちら

こういった誤解がまだまだ多い現状ですので、まず、ご自身はどの様な保険に加入されているかご自身のニーズにあっている保障内容か確認される事が大切だと思います。
ニーズにあっていれば、とてもすばらしい商品だと思いますので是非確認して見てくださいね。

ご自身では、わかりにくい生命保険。現在ご加入の保障内容のご確認は、保険のプロにご相談いただくのが一番の近道ではないでしょうか?当社では、現在ご加入の保障内容を詳しくご説明させていただきます。

保険無料相談の申込

whatsnew

店舗情報

〒564-0062
大阪府吹田市垂水町1-14-1
TEL:06-6821-8800
FAX:06-6821-8600

access

インターネット契約

当HPでは、インターネット上で契約手続が可能な取扱商品のうち、商品の取扱実績等を踏まえ、当社の経営方針により選定した商品をご案内しております。

ゴルファー保険

海外旅行保険

バイク自賠責保険

自転車向け保険

保険の選び方
生命保険の選び方
損害保険の選び方
生命保険講座
1時間目まずは基本形
2時間目定期保険特約付...
3時間目安くする秘訣は...
4時間目死亡保障はいつ...
5時間目保険の見直しは...
お役立ち情報
生命保険協会へのリンク
損害保険協会へのリンク

運営会社のご案内